三流君(TOP) /ASPで遊ぶ /ASP記事一覧を見る

分類: [Form関係] /DB系ADOを使い( [Mdb接続] [CSV接続] [Excel接続]) /[ASPでTextFileを操作] /[VBScript関数ほか]

ADOでExcel(*.xls)に接続 指定したセルを更新する

test103-2.asp
ASPからADOを使用してExcel(*.xls)に接続して、
指定したセルを更新します

テストデータを入力する

シート名を選択: Sheet1 Sheet2 Sheet3
列を選択: A列 B列 C列 D列 E列
行を選択: 1行 2行 3行 4行 5行
セットするデータは?:

[test103.xls]←更新されるファイル



指定したセルを更新するを使用したサンプル(ソースの紹介)

詳細解説は[http:/asp/backno/asp103.html]を見てください
下記、/cgi-bin/test/test103-2.aspのソース(中身)です

指定したセルを更新する を 使った ソースコードを紹介する

表示色の説明:ASP VBScriptは <% 〜 %>
キーワードは指定したセルを更新する です。 <%@LANGUAGE=VBScript%> <% Response.CacheControl = "no-cache" %> <% Response.AddHeader "Pragma", "no-cache" %> <% Response.Expires = -1 %> <html> <head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis"> <title>ADOでExcel(*.xls)に接続 指定したセルを更新する</title> </head> <body> <h1>ADOでExcel(*.xls)に接続 指定したセルを更新する</h1> test103-2.asp<br> ASPからADOを使用してExcel(*.xls)に接続して、<br> 指定したセルを更新します<br> <br> <% 'データがPOSTで送られてきた時のみ処理を実行する If IsEmpty(Request.Form("DATA")) = False Then strXLSNAME = Server.MapPath("test103.xls") 'ファイルのパス+名前 strSHEETNAME = Left(Request.Form("SHEET"), 10) strX = Request.Form("X") '列 If Asc(strX) < Asc("A") Or Asc("E") < Asc(strX) Then strX ="A" End If strY = Request.Form("Y") '行 If Asc(strY) < Asc("1") Or Asc("5") < Asc(strY) Then strX ="1" End If strRANGE = strX & strY '列+行 strDATA = Left(Request.Form("DATA"),20) 'わるいけど頭20文字だけ書く Call TestExcelDATASet(strXLSNAME, strSHEETNAME, strRANGE, strDATA) End If %> <h2>テストデータを入力する</h2> <FORM ACTION="test103-2.asp" METHOD="POST"> <b>シート名を選択:</b> <INPUT TYPE="RADIO" NAME="SHEET" VALUE="Sheet1" CHECKED>Sheet1 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="SHEET" VALUE="Sheet2">Sheet2 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="SHEET" VALUE="Sheet3">Sheet3 <br> <b>列を選択:</b> <INPUT TYPE="RADIO" NAME="X" VALUE="A" CHECKED>A列 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="X" VALUE="B">B列 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="X" VALUE="C">C列 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="X" VALUE="D">D列 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="X" VALUE="E">E列 <br> <b>行を選択:</b> <INPUT TYPE="RADIO" NAME="Y" VALUE="1" CHECKED>1行 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="Y" VALUE="2">2行 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="Y" VALUE="3">3行 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="Y" VALUE="4">4行 <INPUT TYPE="RADIO" NAME="Y" VALUE="5">5行 <br> <b>セットするデータは?:</b> <% Randomize : zz = "testDATA" & Int(Rnd * 1000) %> <INPUT TYPE="TEXT" NAME="DATA" SIZE="20" VALUE=<%=zz%>> <br> <INPUT TYPE="SUBMIT" VALUE="test103.xlsへ書き込む"> </FORM> <hr> [<a Href="test103.xls" TARGET="_blank">test103.xls</a>]←更新されるファイル<br> <hr> <% Sub TestExcelDATASet(strXLSNAME, strSHEETNAME, strRANGE, strDATA) '---- CursorTypeEnum Values ---- Const adOpenForwardOnly = 0 Const adOpenKeyset = 1 Const adOpenDynamic = 2 Const adOpenStatic = 3 '---- LockTypeEnum Values ---- Const adLockReadOnly = 1 Const adLockPessimistic = 2 Const adLockOptimistic = 3 Const adLockBatchOptimistic = 4 '---- CursorLocationEnum Values ---- Const adUseServer = 2 Const adUseClient = 3 'ADO DB Connection オブジェクトを作成する、英文そのままじゃん Set db=Server.CreateObject("ADODB.Connection") '接続文字を作成する strCon = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" & _ "Data Source=" & strXLSNAME & ";" & _ "Extended Properties='Excel 8.0;HDR=NO'" Response.Write "作った、使った接続文字列は<br>" Response.Write "<CODE>Con = <b>" & strCon & "</b></CODE><hr>" 'データベース(xls)を開く db.open strCon 'SQL文 Sheet$範囲 として設定 strSQL = "select * from " strSQL = strSQL & "[" & strSHEETNAME & "$" & strRANGE & ":" & strRANGE & "]" Response.Write "作った、使ったSQL文字列は<br>" Response.Write "<CODE>strSQL = <b>" & strSQL & "</b></CODE><hr>" 'ADO DB Recordset オブジェクトを作成する、英文そのままじゃん Set rs=Server.CreateObject("ADODB.Recordset") rs.Open strSQL, db, adOpenDynamic, adLockOptimistic 'レコードセットを開く Response.Write "開いたレコードセットに対して.MoveFirst<br>" rs.MoveFirst '先頭へ ※イラナイかもね Response.Write "データ[" & strDATA & "]をセット後.Updateする" rs.Fields(0).Value = strDATA 'データのセット rs.Update '更新(データ確定) Response.Write "rs.Close でレコードセットを閉じる<br>" rs.Close Set rs = Nothing 'オブジェクト変数を開放する Response.Write "db.Close でxlsとの接続を閉じる<br>" db.Close Set db = Nothing 'オブジェクト変数も開放する Response.Write "<b>データを書き込みました、xlsを確認してみてね</b><br>" Response.Write "[<a Href='test103.xls' TARGET='_blank'>" Response.Write "書き込まれたtest103.xlsを確認</a>]<hr><br>" End Sub %> </body> </html>

広告

リンク広告
  1. --[ガチャ 爆死や神引き 課金などなど]
  2. --[【ガチャ】モンスト 3500万人記念!!オーブ0ガチャ]
  3. --[Access コンボボックスを使ってみた]
  4. --[ Windows10 OSのフルバックアップ システムイメージバックアップ]

Googleで関連項目を検索する

[キーワード:指定したセルを更新する] と サンプル|解説|Dim|Set で検索
↓で検索して他のページも確認してみてください。

Google

あれ?私のページが検索に載ってない(笑)一度お試しを(私のページに、また戻ってきてね(爆))

ASPでExcel(*.xls)を使用する
(ADOで*.xlsと接続, xlsファイルの作成など)

テスト実行とサンプルソース



ASP系、ADO使用、Excel(*.xls)接続、SQL発行、メルマガ解説リンク

[No.53 ADOでExcelファイル(*.xls)とやっと接続できた(ほっ)]
[No.54 ADOでSQL Select * INTO文発行でExcel(*.xls)を作成する]
[No.56 Excel(*.xls)とADOで接続、.Addnewしてみた]
[No.57 Excelグラフ付の雛形シートにASPからADOを使用してデータセット]
[No.59 結果をExcelで返すならresponse.ContentType=application/vnd.ms-excel]

[No.79 文字列9-30をExcelに移すと日付と誤解される・・・]
[No.84 ADO Excel(*.xls)接続 [Sheet1$]でシート指定、列名無しで遊ぶ]
[No.85 ADOでExcel(*.xls)に接続 .GetRowsで全件読み込んでみた]
[No.103 ADOでExcel(*.xls)に接続 指定したセルを更新する ]


[Topへ戻る] −−>[ASP系のTOPへ戻る] −−>[記事一覧を見る]

リンク 三流君 ASP系 の 解説を項目ごとにまとめてみました

まぁ、基本はデータの受け取りかなぁ。
・[Form等を使用したデータのやり取り]・・・ASPと言っても、HTMLの入力フォームからデータを受け取ります。POSTやGETでやりとりを押さえますか。

次は、データの入出力 で ADOを使った(ADOで接続) と SQLの解説を少々
・[ADOでMdbファイルを使う]・・・MDBと接続して、簡単な追加・更新・削除を行った。
・[ADOでExcelと接続してみた]・・・.xlsと接続してSQLを使ってみた。
・[ADOでCSVと接続してみた]・・・.CSV テキストを読み出した。※更新・削除はできません

DBが使えるので、あまり使用しないけど、普通のテキストファイル処理
・[テキストファイル処理]・・・ファイルを開いて、書き込む。1行読み込みなどを軽く



VBScriptでFormat関数が無いなど、微妙にVBAと違うけど
[VBScript関数関係の説明]・・・少し、処理を書いてみた。
[その他処理サンプル]・・・あまり良いサンプル作れなかったけど。。。
何かの参考となれば幸いです。

その他:blogや広告↓
[日記的なblog]← あまり更新してないけど・・・
[永遠の下書き日記?]← 恥ずかしいのであまり載せてないけど・・・
[ひとりで掲示板?] ←一人で?掲示板?ぉぃぉぃ


[Topへ戻る] −−>[ASP系のTOPへ戻る] −−>[記事一覧を見る]

現在時刻は、2017/03/23 11:11:06です。