三流君(TOP) /ASPで遊ぶ /ASP記事一覧を見る

分類: [Form関係] /DB系ADOを使い( [Mdb接続] [CSV接続] [Excel接続]) /[ASPでTextFileを操作] /[VBScript関数ほか]

SQL Select DISTINCT キーワードを 使用してみる

test070-1.asp

cnt.mdb から訪問されたURLを
Set rs = db.Execute("Select DISTINCT URL From log")
と、SQL文を指定して取り出します

No.URL
1/
2/24h/
3/asp/iis-win2003server.html
4/asp/iis-win2003server-asp.html
5/cgi-bin/test/test004-1.html
6/cgi-bin/test/test009-1.html
7/cgi-bin/test/test035-1.html
8/cgi-bin/test/test068.html
9/net/
10/pmagmag/game/
11/pmagmag/vbnet/
12/start/
13/vba/add-vba.html
14/vba/debug.html
15/vba/doc.html
16/vba/doc_test.html
17/vba/doc_unit.html
18/vba/Excel-Control-Tool-Box.html
19/vba/excel-form.html
20/vba/excel-help.html
21/vba/iwind.html
22/vba/object.html
23/vba/select.html
24/vba/test110.html
25/vba/test148.html
26/vba/vba-copy-pg.html
27/vba/vba-folder.html
28/vba/vba-hanyo.html
29/vba/vba-nagare.html
30/vba/watch-stop.html

終了です。
cnt.mdb 最近訪問した人のデータ30件を表示



DISTINCTを使用したサンプル(ソースの紹介)

詳細解説は[http:/asp/backno/asp070.html]を見てください
下記、/cgi-bin/test/test070-1.aspのソース(中身)です

DISTINCT を 使った ソースコードを紹介する

表示色の説明:ASP VBScriptは <% 〜 %>
キーワードはDISTINCT です。 <%@LANGUAGE=VBScript%> <html> <head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis"> <title>SQL Select DISTINCT キーワードを 使用してみる</title> </head> <body> <h1>SQL Select DISTINCT キーワードを 使用してみる</h1> test070-1.asp<br> <hr> cnt.mdb から訪問されたURLを<br> Set rs = db.Execute("<b>Select DISTINCT URL From log</b>")<br> と、SQL文を指定して取り出します<br> <hr> <% 'ADO DB Connection オブジェクトを作成する、英文そのままじゃん Set db=Server.CreateObject("ADODB.Connection") '.Provider?プロバイダー?通信会社?じゃなくって 'データアクセスにはJet.OLEDB.4.0を使うことを設定 db.Provider = "Microsoft.Jet.OLEDB.4.0" '次に、接続DBの位置を渡すので、Server.MapPathで変換して渡す db.ConnectionString = Server.MapPath("cnt.mdb") 'やっとデータベースを開ける db.open 'お約束のレコードセットの作成 テーブル名URLを指定 'GROUP BY URL で グループ化する Set rs = db.Execute("Select DISTINCT URL From log") 'データの表示をテーブルで行う Response.Write "<TABLE Border='1'>" '見出しをバカっぽく、そのまま書き込む Response.Write "<TR>" Response.Write "<TD>No.</TD>" Response.Write "<TD>URL</TD>" Response.Write "</TR>" 'EOFまでループ nCNT = 1 Do While rs.EOF = False '.EOFがFalseの間 Response.Write "<TR>" '内容を表示する Response.Write "<TD>" & nCNT & "</TD>" Response.Write "<TD><A HREF='" & rs.Fields.Item("URL") & "' Target='_blank'>" Response.Write rs.Fields.Item("URL") & "</A></TD>" Response.Write "</TR>" & Chr(13) & Chr(10) '次のレコードにポインタを移動する rs.MoveNext 'これを忘れると悲惨なことに、、、 'カウンタを増やす nCNT = nCNT + 1 Loop Response.Write "</TABLE>" 'テーブルは終わりです '開いていたレコードセットを閉じる rs.Close 'データベースも閉じようよ db.Close 'お行儀よくオブジェクトも開放しましょう(通常は自動的に解放されるけど) Set db = Nothing %> <hr> 終了です。<br> <A HREF="test037-1.asp">cnt.mdb 最近訪問した人のデータ30件を表示</A><br> <br> </body> </html>

広告

リンク広告
  1. --[ガチャ 爆死や神引き 課金などなど]
  2. --[【ガチャ】モンスト 3500万人記念!!オーブ0ガチャ]
  3. --[Access コンボボックスを使ってみた]
  4. --[ Windows7 OSのフルバックアップ システムイメージバックアップ]

Googleで関連項目を検索する

[キーワード:DISTINCT] と サンプル|解説|Dim|Set で検索
↓で検索して他のページも確認してみてください。

Google

あれ?私のページが検索に載ってない(笑)一度お試しを(私のページに、また戻ってきてね(爆))

[Topへ戻る] −−>[ASP系のTOPへ戻る] −−>[記事一覧を見る]

リンク 三流君 ASP系 の 解説を項目ごとにまとめてみました

まぁ、基本はデータの受け取りかなぁ。
・[Form等を使用したデータのやり取り]・・・ASPと言っても、HTMLの入力フォームからデータを受け取ります。POSTやGETでやりとりを押さえますか。

次は、データの入出力 で ADOを使った(ADOで接続) と SQLの解説を少々
・[ADOでMdbファイルを使う]・・・MDBと接続して、簡単な追加・更新・削除を行った。
・[ADOでExcelと接続してみた]・・・.xlsと接続してSQLを使ってみた。
・[ADOでCSVと接続してみた]・・・.CSV テキストを読み出した。※更新・削除はできません

DBが使えるので、あまり使用しないけど、普通のテキストファイル処理
・[テキストファイル処理]・・・ファイルを開いて、書き込む。1行読み込みなどを軽く



VBScriptでFormat関数が無いなど、微妙にVBAと違うけど
[VBScript関数関係の説明]・・・少し、処理を書いてみた。
[その他処理サンプル]・・・あまり良いサンプル作れなかったけど。。。
何かの参考となれば幸いです。

その他:blogや広告↓
[日記的なblog]← あまり更新してないけど・・・
[永遠の下書き日記?]← 恥ずかしいのであまり載せてないけど・・・
[ひとりで掲示板?] ←一人で?掲示板?ぉぃぉぃ


[Topへ戻る] −−>[ASP系のTOPへ戻る] −−>[記事一覧を見る]

現在時刻は、2017/03/23 13:12:23です。