Classic ASPテストページです。
情報が古いので参考程度に読んだりテストしてみてください。
共有サーバーなので、処理に時間がかかるとタイムアウトやアクセスが集中すると落ちている時がありますがご勘弁を・・・

三流君(TOP) /ASPで遊ぶ /ASP記事一覧を見る

分類: [Form関係] /DB系ADOを使い( [Mdb接続] [CSV接続] [Excel接続]) /[ASPでTextFileを操作] /[VBScript関数ほか]

連続登録のチェックと初回の時はレコードを作成

test044-2.asp

連続登録のチェックを行います。
受取った値は
KUBUN=ASP
NO=6
A=2
パラメータは正常です

発行する(した)SQL文は
Select * From ans Where KUBUN = 'ASP' And MNO = 6
です

発行する(した)SQL UPDATE文は
UPDATE ans Set IP = '54.92.160.119', WriteTime = #2018/10/19 10:49:29#, A2 = A2 + 1 Where KUBUN = 'ASP' And MNO = 6
です
更新結果
KUBUN=ASP
MNO=6
A5=0
A4=1
A3=0
A2=575
A1=0
IP=54.92.160.119
WriteTime=2018/10/19 10:49:29

テスト用(連続で押して、チェックしてください)
test044-2.asp?KUBUN=ASP&NO=44&A=5
test044-2.asp?KUBUN=ASP&NO=45&A=4
test044-2.asp?KUBUN=VBA&NO=1&A=3
test044-2.asp?KUBUN=VBA&NO=2&A=2
test044-2.asp?KUBUN=24H&NO=44&A=1





ASPサンプルソース(プログラムのソースコード)

詳細解説は[http:/asp/backno/asp044.html]を見てください
下記、/cgi-bin/test/test044-2.aspのソース(中身)です

を 使った ソースコードを紹介する

表示色の説明:ASP VBScriptは <% 〜 %>
キーワードは です。 <%@LANGUAGE=VBScript%> <% Response.CacheControl = "no-cache" %> <% Response.AddHeader "Pragma", "no-cache" %> <% Response.Expires = -1 %> <html> <head><META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=x-sjis"> <title>連続登録のチェックと初回の時はレコードを作成</title> </head> <body> <h2>連続登録のチェックと初回の時はレコードを作成</h2> test044-2.asp<br> <hr> 連続登録のチェックを行います。 <hr> <% '値の代入 KUBUN = Request.QueryString("KUBUN") NO = Request.QueryString("NO") A = Request.QueryString("A") 'テストで値を表示 Response.Write "<Font Color='BLUE'>受取った値は</Font><BR>" 'For Each で Request.QueryStringの値を取出す For Each RQ In Request.QueryString Response.Write RQ & "=" '名称表示 Response.Write Request.QueryString(RQ) & "<BR>" '値の表示 Next 'パラメータのチェックを行う ret = errchk() 'チェック用の関数を呼ぶ If ret = -1 Then 'エラーか? Response.Write "<Font Color='red'>" Response.Write "受取ったパラメータが異常です" Response.Write "</Font>" Else '正常時 Response.Write "パラメータは正常です<hr>" ret = cntDATA() '連続登録のチェックとデータ加算 If ret = -1 Then Response.Write "<Font Color='red'>" Response.Write "連続投票はできません" Response.Write "</Font>" End If End If %> <hr> テスト用(連続で押して、チェックしてください)<br> <A HREF="test044-2.asp?KUBUN=ASP&NO=44&A=5">test044-2.asp?KUBUN=ASP&NO=44&A=5</A><br> <A HREF="test044-2.asp?KUBUN=ASP&NO=45&A=4">test044-2.asp?KUBUN=ASP&NO=45&A=4</A><br> <A HREF="test044-2.asp?KUBUN=VBA&NO=1&A=3">test044-2.asp?KUBUN=VBA&NO=1&A=3</A><br> <A HREF="test044-2.asp?KUBUN=VBA&NO=2&A=2">test044-2.asp?KUBUN=VBA&NO=2&A=2</A><br> <A HREF="test044-2.asp?KUBUN=24H&NO=44&A=1">test044-2.asp?KUBUN=24H&NO=44&A=1</A><br> <br> <br> </body> </html> <% '外側に関数を書いてます(どこでもいいんだけど) Function errchk() 'パラメータのエラーをチェックします 0:正常 -1:エラー errchk = 0 'エラーを無しにする(初期値で代入) 'KUBUN が 無し(スペース) If Len(KUBUN) = 0 Then errchk = -1 'NO が無し Or 0の時 If Len(NO) = 0 Then errchk = -1 If CInt(NO) = 0 Then errchk = -1 'A か 1〜5以外の時(範囲外の時) If A < 1 Or 5 < A Then errchk = -1 End Function Function cntDATA() '連続登録のチェックとデータ加算 0:正常 -1:エラー 'ADO DB Connection オブジェクトを作成する Set db=Server.CreateObject("ADODB.Connection") 'データアクセスにはJet.OLEDB.4.0を使うことを設定 db.Provider = "Microsoft.Jet.OLEDB.4.0" '次に、接続DBの位置を渡すので、Server.MapPathで変換して渡す db.ConnectionString = Server.MapPath("db044.mdb") 'やっとデータベースを開ける db.open '検索するSQLを作成する strSQL = "Select * From ans " strSQL = strSQL & "Where KUBUN = '" & KUBUN & "' And MNO = " & NO 'オマケで画面にデータ表示 Response.Write "<hr>発行する(した)SQL文は<br><B><font color='green'>" Response.Write strSQL & "</font></B><br>です<hr>" Set rs = db.Execute(strSQL) 'SQL文を発行してレコードセットを作成 If rs.EOF = True Then 'データが見つからなかった時 strINSSQL = "INSERT INTO ans (KUBUN, MNO) VALUES (" strINSSQL = strINSSQL & "'" & KUBUN & "'" '区分 strINSSQL = strINSSQL & ", " & NO & ")" 'NO 'オマケで画面にデータ表示 Response.Write "<hr>発行する(した)SQL INSERT文は<br><B><font color='green'>" Response.Write strINSSQL & "</font></B><br>です<hr>" 'SQL INSERT文を発行 db.Execute(strINSSQL) Else 'データ在りの時 '前回のIPアドレスと同じかチェックする If rs("IP") = Request.ServerVariables("REMOTE_ADDR") Then cntDATA = -1 'エラーにする rs.Close Exit Function '関数を途中で抜ける End If End If rs.Close 'レコードセットを閉じる 'UPDATEのSQL文を作成する strUSQL = "UPDATE ans Set " 'ansテーブルを更新 strUSQL = strUSQL & "IP = '" & Request.ServerVariables("REMOTE_ADDR") & "'" strUSQL = strUSQL & ", WriteTime = #" & Now & "#" strUSQL = strUSQL & ", A" & A & " = A" & A & " + 1" 'カウントアップ strUSQL = strUSQL & " Where KUBUN = '" & KUBUN & "' And MNO = " & NO '条件 'オマケで画面にデータ表示 Response.Write "<hr>発行する(した)SQL UPDATE文は<br><B><font color='green'>" Response.Write strUSQL & "</font></B><br>です<hr>" 'SQL文を発行 db.Execute(strUSQL) '更新結果を読み直す Set rs = db.Execute(strSQL) 'SQL文を発行してレコードセットを作成 Response.Write "更新結果<br>" Response.Write "KUBUN=<b>" & rs("KUBUN") & "</b><br>" Response.Write "MNO=<b>" & rs("MNO") & "</b><br>" Response.Write "A5=<b>" & rs("A5") & "</b><br>" Response.Write "A4=<b>" & rs("A4") & "</b><br>" Response.Write "A3=<b>" & rs("A3") & "</b><br>" Response.Write "A2=<b>" & rs("A2") & "</b><br>" Response.Write "A1=<b>" & rs("A1") & "</b><br>" Response.Write "IP=<b>" & rs("IP") & "</b><br>" Response.Write "WriteTime=<b>" & rs("WriteTime") & "</b><br>" 'リターン値をセットして関数終了 cntDATA = 0 '正常終了 End Function %>




Googleで関連項目を検索する

[キーワード:] と Sub|Function で検索する。
↓で検索するとプログラムの例 Sub/Function でまとまったHP

Google

あれ?私のページが検索に載ってない(笑)一度お試しを(私のページに、また戻ってきてね(爆))

三流解説とリンクページを紹介

ASP系の解説を項目ごとにまとめてみました

まぁ、基本はデータの受け取りかなぁ。
・[Form等を使用したデータのやり取り]・・・ASPと言っても、HTMLの入力フォームからデータを受け取ります。POSTやGETでやりとりを押さえますか。
次は、データの入出力 で ADOを使った(ADOで接続) と SQLの解説を少々
・[ADOでMdbファイルを使う]・・・MDBと接続して、簡単な追加・更新・削除を行った。
・[ADOでExcelと接続してみた]・・・.xlsと接続してSQLを使ってみた。
・[ADOでCSVと接続してみた]・・・.CSV テキストを読み出した。※更新・削除はできません
DBが使えるので、あまり使用しないけど、普通のテキストファイル処理
・[テキストファイル処理]・・・ファイルを開いて、書き込む。1行読み込みなどを軽く
VBScriptでFormat関数が無いなど、微妙にVBAと違うけど
[VBScript関数関係の説明]・・・少し、処理を書いてみた。
[その他処理サンプル]・・・あまり良いサンプル作れなかったけど。。。
何かの参考となれば幸いです。



その他:blogや広告↓
[日記的なblog]← あまり更新してないけど・・・
[永遠の下書き日記?]← 恥ずかしいのであまり載せてないけど・・・
[ひとりで掲示板?] ←一人で?掲示板?ぉぃぉぃ



[Topへ戻る] −−>[ASP系へ戻る] −−>[バックナンバーを見る]


現在時刻は、2018/10/19 10:49:29です。